BLOG

四季の景観をお伝えするチカラ

1 i (2)a

 

冬の足音を感じる11月。

披露宴の会場装花にも暖色を用いるお客様が増えて来ました。

 

私の勤務する神戸アトリエのジェームス邸は、メインバンケットからガーデンが一望でき、

室内に居ながらも季節を感じ得るレイアウトになっています。

 

11月に結婚式を挙げられるお客様とフラワーカウンセリングでお会いするのは、

おおよそ2~3か月前の夏まっさかりの時期。

お客様に晩秋をイメージして頂きながらのカウンセリングとなります。

なにしろ気温が30度を超える真夏に晩秋を想定して頂くのですから

お客様にも高い想像力を発揮して頂かなくてはなりません。

 

そして私たちフラワーコーディネーターは

ジェームス邸の四季の景観を知り尽くしていなければならないと思っています。

 

季節ごとの【美しさ】【見え方】【感じ方】を充分理解し、お客様に伝えていく。

 

1年のキャリアが個人的にプラスとなっている事を実感できる秋になりました。

 

神戸アトリエ 井上 有理

 

 

 

 

 

CATEGORY 未分類 . 2014.11.13

PAGE TOP