BLOG

「桜」~永遠の記憶

繝ュ繧サ繧・0005

 

会場のエントランスには季節の装花をあしらうことを心がけています。

一歩足を踏み入れた瞬間に感じられる四季。

 

1月中旬から3月までは<桜>が人気の品種です。

誰もが知っている素材。長い冬を終えてやさしいピンク色の小花が咲き乱れる風情。

これ以上に「春」を表現できる素材は他にありません。

 

パーティーがお開き後には、ご親族やご友人と桜の前でお写真を撮影して頂く事をお勧めします。

何年経っても、見返すたびに「春に結婚したんだ」との記憶が色褪せることはありませんから。

 

芦屋アトリエ 松本 拓也

 

CATEGORY 未分類 . 2015.02.23

スタッフ・ワークショップ 2015

2 (3)

 

今年も1月25日~26日の2日間、スタッフ全員が一同に集まった【全社ワークショップ】が開かれました。

 

1日目は、仮想のカップルをもとに、ブーケや会場装花をグループごとに提案~発表する研修です。

同じドレスや会場を想定しても、提案はまちまち。正解はありません。

 

2 (2)

 

各グループからの提案はどれも素敵なものばかりでしたが、大切なのはお客様に提案するタイミングや伝え方。

そして一組一組のお客様の【お好み】を瞬時に把握できる感性がもっとも大切であるとの意見が出されました。

これには全員が納得!

テクニックよりも感覚を研ぎ澄ますことの重要性を再確認できたプログラムとなりました。

 

2 (6)

 

2日目のワークショップでは、デッサンの研修が行われました。今年はじめて取り入れられた内容です。

 

普段 お客様との打合せ中に、提案した商品のイメージをご確認いただく為に簡単なスケッチを描きます。

使用する花の特徴やサイズ感を共有していただき、実際に納品する商品とズレが無いようにするためです。

最初は15分くらいかけて1本の花を描くことからスタートし、最終的には10~20秒でブーケを描く内容でした。

完成品を模写するのでは無く、鉛筆を取る前から頭の中にデザインがイメージされていることがいかに大切か!

あらためて、フラワーコーディネイターの根本を認識する機会ともなりました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 この2日間は デッサンをはじめとして、普段の研修では行わない内容が盛りだくさんでした。

スキルをUPさせてくれたことは勿論ですが、一年に一度だけ全国の仲間とあえる素敵な時間です。

エリアやアトリエを越えた仲間と想いを共有できたこと。私にとって本当に有意義な2日間となりました。

 

2 (5)

 

来年もみんなと会えることを心から楽しみにしています。

そして、今年 お会いする全てのお客様を幸せにできるよう精一杯がんばります!

 

広島アトリエ 丸子 悦子

 

 

 

CATEGORY 未分類 . 2015.02.03

PAGE TOP