BLOG

客観的な真実

2015.9 新パンフ撮影 (7)

 

私たちの仕事には【撮影】という業務があります。

 

お客様に提案させて頂く為の大切な資料作りです。

 

時として実物とは違うカタチや色がモニターに写し出されることも有り、

違和感を感じることもしばしばです。

 

ただこの業務を重ねるにつれて感じ始めたことがあります。

 

もしかするとカメラの目は

「その商品を客観的に見て本質を映し出しているのではないか」ということです。

 

製作の段階から携わる私たちにとって、完成したイメージが頭に浮かび、

勝手な空想と理想とで商品を見てしまっていたのではないか。

 

商品を製作する際、完成形をイメージすることは最も大切です。

そしてもう一つ、客観的な真実の目を持つことも大切かもしれません。

 

大阪アトリエ 森岡 みさと

 

CATEGORY 未分類 . 2015.10.05

PAGE TOP