BLOG

トータルスタイリング~ ショーイベントから学ぶこと

D (29)

 

 

6月にドレスショーイベントが開催されました。

ショーのリポートと感想を、大阪アトリエと名古屋アトリエからお届けします。

 

■ Show Data

 大阪 :6/19 旧桜宮公会堂・メインバンケットにて

 名古屋:6/26 アオイモノリス・メインバンケットにて

 

 

D (50)

 

 

■ スタッフリポート

 

このイベントのメインは何と言っても新着のドレスたち。

 

30着に及ぶドレスにあわせたブーケやヘアフラワーを、ドレスコーディネイターと一緒に考えます。

 

 

D (14)

 

 

花選びのポイントは、あくまでもトータルなスタイリング。

 

全体が素敵にコーディネイトされていることが、もっとも重要です。

 

 

IMG_0511

 

IMG_0590

 

 

私たちはフローリストは、どうしても花を主体に考えがちです。

 

花に携わるものとして無理もないことですが、

ベストなトータルコーディネイトを考えての【差し引き】が出来てこそ、本当のプロフェッショナルだと思います。

 

このようなイベントは、あらためてトータルなバランスの重要性を認識させられる良い機会です。

 

イベントのみならず普段の業務にもフィードバックし、

フラワーコーディネイターとして一段ステップアップした提案を身に付けたいと思います。

 

 

大阪アトリエ・名古屋アトリエのイベント担当スタッフより

 

 

 

CATEGORY 未分類 . 2016.06.27

【畑野ひろ子さんフラワープロデュース】 vol.2

2016。6月 セトレ畑野ひろ子プロデュース (4)

 

 

滋賀県のホテル【セトレマリーナびわ湖】にて、モデルの畑野ひろ子さんがプロデュースする

フラワーディスプレイをお手伝いさせていただきました。

 

 

2016。6月 セトレ畑野ひろ子プロデュース (9)

 

 

2回目となる今回のテーマは【大人のリゾート】。

 

ロビーから一望できる琵琶湖をバックに「お洒落なひとときを」との想いをこめたデザインです。

トレンドのストライプ柄や黒のリボンがアクセントとなり、背景のブルーと絶妙なコントラストを醸し出しました。

 

畑野さんチョイスのハットとも相まって、テーマにリアリティーを感じる素敵な空間となりました。

 

 

神戸アトリエ 藤田 明菜

 

 

 

         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CATEGORY 未分類 . 2016.06.22

陰影と深み

DSC03163 

 

この時期、私の大好きな「スモークツリー」が最盛期を迎えています。

ふんわりとした触感に淡い緑茶色。

 

副素材として用いられるケースが大半ながら、主となる素材を引き立て、

商品全体に独特な雰囲気を与えてくれます。

 

また、どことなく「ワビサビ」を感じさせる存在は、

主素材 (この場合はアジサイ)とのコントラストを演出し、

デザインに陰影と深みを醸し出してくれる、無二の素材なのです。

 

 

広島アトリエ 橋本 恵子

CATEGORY 未分類 . 2016.06.16

【きざし】 ~ めぐるトレンド

しばらく前から続いていた「ナチュラル」とか「ラスティック」とか・・・・。

 

3~4年前に、SNSから波及したと思われる自然体なデザイン嗜好から、

少しづつトレンドが変化し始めた【きざし】を感じます。

 

CP160014-@30000

 

 

一度に180度変わるわけではないのですが、一時期 影を潜めていたモダニズム趣向がゆっくりと

次なるトレンドとして近づいています。

 

(  緑色/グリーン を基調とした場合でも、写真のようなニュアンスが少しづつ支持されはじめています )

 

 

GT01033-25000

 

 

トレンドのデザインは、何年かの周期でめぐるといわれていますが、

それは、ただ繰り返すのではなく、より進化し洗練されたカタチでやって来るということを

私たちは忘れてはならないと思います。

 

 

松山アトリエ 曽我 純子

CATEGORY 未分類 . 2016.06.06

PAGE TOP