BLOG

全社合同セミナー「こころ揺さぶる二日間」

1030

 

 

今年で7回目を迎えた全社合同の研修セミナー。

全国のアトリエで活躍する仲間たちが一同に介し、2日間の濃密な時間を共有しました。

 

1日目は、お客様が求める「フラワーコーディネイター像とは?」を主題に、

エリアやキャリアの枠を超えて、それぞれが考え、意見を出し合いました。

 

 

0382

 

 

結論は、「いかに心を揺さぶる、ONLY・ONEの提案ができるか!」で一致しましたが、

そこに至るまでの多くの貴重な意見は、私自身の心を揺さぶってくれました。

 

2日目は、実技研修。

初日の結論を参考に、個々のお客様に合わせた 「ONLY・ONE」 の商品を製作します。

 

 

2017年1月ロゼ総会2日目 (67)

 

 

ドレスやヘアスタイルなど様々なテーマに合わせてお客様の趣向を探り、花材を選定します。

 

スキルも問われる課題ですが、「そのブーケはお客様の心に響いているか!」が

もっとも重要なポイントだったと感じました。

 

 

 2017年1月ロゼ総会2日目 (174)

 

 

プロとしての責任とプライドを持ってお客様にお届けする商品。

それは、「心を揺さぶる商品」 で無ければならない!

 

このセミナーを通して、2017年にスタッフ全員が目指すべきと目標となりました!

 

 

 

0021

 

横浜アトリエ 村田 桃子

 

CATEGORY 未分類 . 2017.02.06

ナチュラルな原点回帰

グリーンブーケ (2)

 

 

トレンドのラスティックイメージは 益々チカラを付け、

今やこれがベースとなって披露宴全体のコーディネートを動かしている気配さえ感じています。

 

もちろん主役(ご新婦様)のブーケも、その範疇に入ります。

いや、もしかすると、そのトレンドを牽引するトップアイテムとなっているかもしれません。

 

 

グリーンブーケ (3)

 

 

ピックアップする素材は当然のことながら、そのサイズもグラマラスに成長しています。

 

~洋書から抜け出したイメージ~

 

長い蔓や葉をざっくりと束ねて「こなれ感」たっぷりの印象に ご新婦様をコーディネートします。

(ここで言う「こなれ感」とは、おしゃれで洗練されたという意味です)

 

 

グリーンブーケ (1)

 

 

別目線の意見ですが、ブーケをデザインする私たちにとっても、

この素材使い(長い蔓をそのまま使用するなど)には大賛成です。

 

せっかくの長い茎をカットしたり、曲げたり、なんて本当にもったいない。

特徴を理解していないと言うか、素材に対して失礼。

 

在るべき姿で素材を活かすこと。

 

現在のトレンドは、作り手にとってもナチュラルな原点回帰なのかもしれません。

 

 

IMG_0603

 

 大阪アトリエ 森岡 みさと

 

 

 

CATEGORY 未分類 . 2017.02.01

PAGE TOP